卵殻膜 潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎にも効果アリ?

潰瘍性大腸炎にも効果アリ?

 

これから卵殻膜は潰瘍性大腸炎に対して、どのような効果が期待できるのかを説明していきます。

 

卵殻膜は潰瘍性大腸炎に効果があるのか?

 

卵殻膜は潰瘍性大腸炎の治療に対しても有効という情報をネットで見かけたのですが、本当に効果があるのか確認してみました。

 

卵殻膜が潰瘍性大腸炎に対して有効な理由は?

 

まず卵殻膜が潰瘍性大腸炎の症状を緩和する効果があるという情報には、どのような根拠があるのか気になるところですが、調べた結果、日本の学会で発表されていました。

 

2014年に東京大学で実施された研究結果では、人工的に潰瘍性大腸炎を発症させたラットに対して卵殻膜を摂取させると、大腸炎の指標とされている数値が軒並み下がったということです。

 

卵殻膜の歴史とは

 

実は卵殻膜はかなり昔から怪我、病気の治療に使用されていて、様々な文献に記録が残っています。

 

例を挙げると古代ローマ帝国時代のプリニウスの「博物誌」では卵を使った22の治療法が紹介されていますが、その中に卵殻膜により唇の傷を治療する方法が記載されていたんです。

 

他にも中国で明の時代に書かれたと言われる「本草綱目」でも刀で裂けた舌を卵殻膜を使って治療した話が出てきます。

 

卵殻膜は薬品ではありません

 

卵殻膜は皮膚の治療、潰瘍性大腸炎、肝機能障害に対しても効果があるとされていますが、現代においては基本的に薬品には使用されていません。

 

その理由は卵殻膜が卵由来の成分なので、卵アレルギーが起こるリスクが避けられないからです。

 

卵アレルギーが起こる主な原因物質に白身の部分も含まれていて、基本としては卵殻膜は含まれません。

 

ですが卵アレルギーが発症するリスクはゼロではないのです。

 

卵アレルギーが起こるリスクがある事が、卵殻膜を薬にするには難しい理由になっているみたいです。

 

卵殻膜を使って潰瘍性大腸炎の治療を

 

潰瘍性大腸炎は医療レベルが世界トップクラスと言われる日本においても、まだ治療が難しい病気に分類されます。

 

そして今、卵殻膜の可能性に医療業界の関心が集まっているのです。

 

卵殻膜は健康、美容、医療と本当に多くの可能性があるので、今後の期待が高まる素材ということが出来ます。

 

卵殻膜のパイオニアはアルマードです。

 

ここまで記事を読んで、卵殻膜について認識は深まりましたでしょうか?

 

卵殻膜のパイオニア的存在であるアルマードの公式サイトには様々な卵殻膜製品がラインナップされているので、興味がある人はぜひサイトに訪れてみて下さいね。

 

⇒アルマードの公式サイトはコチラ


 

.