卵殻膜 キューピー

卵殻膜のキューピーでの使用方法とは?

卵殻膜のキューピーでの使用方法とは?

 

皆さんもキューピーという会社を一度は耳にしたことがあるかと思います。

 

マヨネーズの製造会社として有名ですが、そんなキューピーでは卵殻膜をいろいろな商品に使用しているそうです。

 

そこで今回はキューピーではどのような商品に卵殻膜を使用しているのかを見ていきたいと思います。

 

キューピーにおける卵の活用に関する考え方

 

ヒヨコはニワトリが卵を産んだ後、3週間温め続けることで生まれます。

 

卵と言えば、卵黄、卵白の他にも、生命を維持する成分をふんだんに含んでいて、余分な成分というものは一切ないんです。

 

キューピーは、このような成分に目を向けて、マヨネーズの他にもいろいろな商品の研究を行い続けているようです。

 

これまで廃棄処分となっていた卵殻、卵殻膜に関しても、現在はさまざまな商品に活用していくことに取り組んでいると言います。

 

キューピーが現在行っている卵殻膜の活用

 

最初に工場で発生した卵殻から卵殻膜を取り出すといった作業を行います。

 

卵殻膜はシスチンなどのアミノ酸を豊富に含んでいて、私たちの皮膚とも相性がいいようです。

 

このことから、化粧品や、ドレッシングをはじめとする調味料、衣服、車の座席にもこの卵殻膜を使用しているようです。

 

卵殻膜を除去した卵殻粉の活用法

 

卵殻膜を除去した卵殻粉を、不足しがちなカルシウムを補うことを目的として、離乳食や介護食品、そして、かまぼこ、ソーセージなどの製造の際にも使用することがあるようです。

 

その他、チョークにも使用し、卵殻を使用したチョークは粉が飛散しづらいというメリットがあるようです。

 

水分を取り除いた卵殻膜の活用

 

水分を取り除いた卵殻膜にはカルシウムの吸収力が高いという性質があるため、良質な土壌とする際や、グラウンドにラインを引く際の白い粉の材料に用いることもあるようです。

 

さらにそれ以外にも、滑りにくさを実現するために、ゴム製の靴底や、スタッドレスタイヤに使用することもあるようですよ。

 

このように卵殻は私達が思いもしないところに使用されているのがお分かりになったかと思います。

 

キューピーが行っている卵殻膜や、皮膚に関する研究

 

卵殻膜は溶かすのが難しいため、なかなか活用されることはありませんでした。

 

しかし、1990年に卵殻膜を溶かす方法が見つかって以降、さまざまな製品に活用されるようになり、今では卵殻膜を使用した化粧品や、服も誕生しているんです。

 

卵殻膜を活用した商品が気になる方はアルマードをチェック。

 

いかがでしたか?

 

卵殻膜のことがだんだんと分かってくると、これを使用した商品も気になり始めるかと思います。

 

アルマードの公式ホームページでは卵殻膜を使用した商品をたくさん目にすることができますので、卵殻膜を使用した商品が気になる方は、一度アクセスしてみてください。

 

⇒アルマードの公式サイトはコチラ


 

.