卵殻膜 生地

卵殻膜を再利用した「ぷるすべ(R)インナー」の生地とは?

卵殻膜を再利用した「ぷるすべ(R)インナー」の生地とは?

 

今回は、「ぷるすべ(R)インナー」という卵殻膜を再利用した生地で作られた下着について説明します。

 

「ぷるすべ(R)インナー」とは、どんな下着?

 

大手通販ショップのセシールがスキンケアに着目して、卵殻膜を使った下着を開発したんです。

 

2013年に「ぷるすべ(R)インナー」という商品名で、発熱する下着タイプとパジャマ用下着タイプの2種類があるんです。

 

ぷるすべ(R)インナーの驚くべきスキンケア効果

 

この下着には、卵殻膜を利用した生地を採用しています。

 

卵殻膜には優れた美容成分であるアミノ酸やコラーゲンが含有されているので、ぷるすべ(R)インナーは卵殻膜に含まれているアミノ酸によって、とても着心地がよく、スキンケア効果も期待できるんです。

 

ぷるすべ(R)インナーを日常的に着用する場合

 

ぷるすべ(R)インナーの発熱する下着タイプは、フライスという綿100%素材に卵殻膜が使用されています。

 

ですので、吸湿機能もありつつ、発熱機能もあるので、着用中もいつもふんわり温かな着心地が継続するんです。

 

さらに、綿100%素材なので、脱いだり着たりする時に静電気が発生しにくくなることも喜ばしいことですね。

 

下着の種類としては、8分袖シャツ、8分袖切り替えスリップ、10分丈レギンスの3種類があります。

 

ぷるすべ(R)インナーを就寝時に着用する場合

 

ぷるすべ(R)インナーのパジャマ用下着タイプは、綿100%の柔らかいガーゼ素材に卵殻膜が使用されています。

 

パジャマの下に着ることを考慮して、デザインなどにこだわって工夫されて開発されたそうです。

 

普段のパジャマの下に着用することで、今まで以上に温かく睡眠できるようになっています。

 

また、柔らかいガーゼ素材なので、合成繊維によるひんやり感やかゆみなども無く、就寝中は安心してずっと着用できるんです。

 

下着の種類としては、腹巻付き10分丈のレギンスと、タートルネック指穴付き長袖シャツの2種類があります。

 

腹巻き付き10分丈レギンスは、腹巻付きなので、腹部から腰回りの冷え予防になります。

 

それから、タートルネック指穴付き長袖シャツは、袖部分が滑りよくなっているので、上からパジャマを着る時も袖を通しやすくなっています。

 

さらに、寝ている間にシャツの裾がまくり上がってこないデザインになっています。

 

卵殻膜の化粧品もオススメ。

 

卵殻膜には素晴らしい機能があり、下着に活用されていることが、お分かりいただけましたでしょうか。

 

卵殻膜が化粧品、サプリメント、ドリンクの他にも利用されていることを知り、私はとても驚きました。

 

今年2017年の話題の卵殻膜化粧品「ビューティーオープナー」について興味がある方は、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

 

⇒ビューティーオープナーの詳細を見る

 

.